野菜ジュースなび TOP 》 栄養素 ビタミンA

ビタミンA

ビタミンAとは、脂溶性のビタミンです。皮膚を健康に保つ効果があり、目のビタミンとも言われています。普段、目から入ってきた光が脳の視覚中枢に刺激を送って明るいことを認識しますが、ビタミンAがこの役割に大きく関係しているのです。目と深い関係があるビタミンなのです。

ビタミンAの効果には、視力の低下防止、生殖機能の維持、呼吸器系統の病気感染に抵抗力を付ける、皮膚や髪の健康を保つなどがあります。胃が荒れてもたれる時や喉の調子が悪かったりした時もビタミンAは効果的です。また、皮膚を健康に保つ作用があるので、肌荒れにも効果的です。

ビタミンAが不足すると、明るいところから暗いところに行った時になかなか目が慣れずに夜盲症という症状が出ます。ただ、ビタミンAの過剰摂取すると、睡眠障害やめまい、鼻血、皮膚の痒み、脱毛、奇形の発生などに陥ります。妊娠中に過剰摂取してしまうと、胎児に胎児奇形発生の危険度が上がるとも言われています。

ビタミンAが不足してしまうと、目が乾きやすくなったり、風邪を引きやすくなる、胃腸の粘膜が傷つきやすくなることがあります。ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、油に溶ける性質があります。そのため、吸収の際にはミネラルと脂肪と一緒に摂取する必要があります。加熱にも強いので、野菜ジュース以外では炒め物で食べたり、生ならドレッシングをかけると吸収がよくなります。ビタミンAはレバー、魚の肝油などの食品にも多く含まれています。

栄養素


アマリール
アマリールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!