野菜ジュースなび TOP 》 野菜飲料の基本 デメリット

デメリット

野菜ジュースのデメリットは、やはり栄養素の面です。色々な栄養素は摂取出来るのですが、全体的に少ないです。特に少ないのは、ごぼうなどに含まれている食物繊維です。野菜ジュースは製造過程で野菜の細胞壁の主成分である不溶性食物繊維の一種が取り除かれているのです。そのため野菜ジュースでは、不溶性食物繊維の持つ様々な健康維持・増進効果を得ることが出来ません。

食物繊維は便秘解消の他に、肥満予防、腸内環境改善などの効果が期待されています。食物繊維が野菜ジュースには少ないので、もし食物繊維を摂取したい場合は、野菜ジュースよりもゴボウなどの野菜を摂取する方が良いでしょう。もう1つはビタミンCです。野菜ジュースは殺菌や加熱してしまうため、どうしてもビタミンCが減ってしまいます。もちろん野菜ジュースにビタミンCは入っていますが、1日の摂取量には足りていません。野菜ジュース以外で摂取した方が良いでしょう。

最近は野菜ジュースを用いたファスティングダイエットというダイエット方法が流行っています。このダイエットを市販の野菜ジュースで行う方が多いですが、市販の野菜ジュースなどの飲み物では栄養面を補うことが出来ません。自己流で勝手に野菜ジュースを用いたダイエットを行うと、胃腸に大きな負担をかけて体調不良になることもあります。また、何も食べなかった反動でリバウンドを起こす可能性も高いです。

野菜ジュースはあくまでも足りない野菜を補う飲み物です。ダイエットに使用することは止めるようにしましょう。どうしても行いたい場合は、専門の人に相談に行くようにして下さい。

野菜飲料の基本


ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!

アセタノール
アセタノールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!