野菜ジュースなび TOP 》 野菜飲料 ほうれん草

ほうれん草

ほうれん草はアカザ科の野菜です。高温舌では生殖生長に傾きやすいため、涼しい季節に栽培されることが多いです。ほうれん草は、葉酸やビタミンAが豊富なことで知られています。また、カロテノイドの中のルテインという栄養素も多く含まれています。

ほうれん草は野菜ジュースの他に、バター炒めや胡麻和え、おひたしなどの様々な形で調理されます。茹でると嵩が減ります。ほうれん草は鉄分が多く含まれていますが、実際は小松菜よりも少ないです。ただ、緑黄色野菜の中では多い方です。また、葉酸が鉄分の吸収を促進するので貧血予防に繋がることは確かです。

ほうれん草はシュウ酸が多く含まれているので、生で食べるのを避けた方が良いでしょう。ほうれん草に含まれている栄養で1番高いのは鉄分です。意外かもしれませんが、牛のレバーと同じぐらいの鉄分が含まれています。ご存じの方も多いと思いますが、鉄分には貧血防止の効果があります。虚弱体質の方にお勧めです。

また、βカロチンも多く含まれています。βカロチンは活性酸素の働きを抑えてくれるので、ガン予防に効果的です。油と一緒に摂ると吸収率がさらに高くなります。その他にはビタミンC、カリウムなども含まれています。ほうれん草は茹でておけば冷凍庫で保存することも出来ますので、とても便利な食品です。ただ、茹で過ぎるとビタミンCが損なわれてしまうため、調理する時は注意するようにしましょう。

野菜飲料