野菜ジュースなび TOP 》 野菜飲料の基本 野菜飲料とは

野菜飲料とは

野菜ジュースとは、野菜や果物などをすり潰すなどして飲料にしたものです。ジュースとして発売している場合が多いです。日本で多く販売されている野菜ジュースは、にんじんと野菜汁を混ぜ合わせたにんじんミックスジュース、トマトと野菜汁を混ぜ合わせたトマトミックスジュース、野菜と果物を混ぜて飲みやすくした野菜ジュースなどがあります。

にんじんミックスジュース、にんじんジュース、トマトミックスジュース、トマトジュースという名称を使用するには、JAS規格の基準をクリアしなくてはなりません。野菜ジュースも規格が決まっていて、果汁50%以上で果汁と野菜汁のみのもが野菜ジュースと決まっているのです。

日本で野菜ジュースが発売されたのは、1959年でゴールドパックの野菜ジュースが初めてでした。その後は伊藤園やカゴメが有名です。野菜ジュースを飲むと野菜を食べるのと同じだと思っている方が多く、野菜ジュースの需要動向はここ最近で急激に伸びています。

1997年では1人当りの年間需要量2・8でしたが、2006年には5.2倍と2倍近く増倍しています。毎日の食生活で取り入れられているほどの量ではありませんが、野菜ジュースを買う人は年々増えてきています。また、飲用率にも大きな差が見られます。

年配の方の方が飲んでいるように思いますが、50代の人の飲用率よりも20代の人の方が倍以上も野菜ジュースを飲んでいるようです。食べ物で野菜を摂れない人達が野菜ジュースでそれを補おうとしているのでしょう。

野菜飲料の基本


イモバックス
イモバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!